リサーチの基礎ツール

ここからはAmazonで売ることで利益の出る商品を

ヤフオクで見つけていく具体的な方法について紹介していきます。

 

メインは動画コンテンツになりますので

しっかり何度も動画を見返してチェックポイントを確認して下さい。

モノレート

まずは国内転売で必須となる

モノレート」というサイトの使い方について

詳しく解説をしていきたいと思います。

 

モノレートはこちら

 

このモノレートというサイトは

Amazonでの売り上げと売れた価格を分析する事ができるサイトです。

このサイトはこれから何回も見ていくことになるでしょう。

 

国内転売ビジネスでは、勘だけで仕入れをすることはありません。

必ず「どのくらいの価格で、どのくらいの期間で、どのくらいの個数」が売れるかを

分析した上で仕入れをしていきます。

 

まずはモノレートページの解説をこちらの動画でご覧ください。

FBA料金シミュレーター

ヤフオクでリサーチを行い、価格差がありそうな商品を見つけた時は、

FBA料金シミュレーターを用いてコスト計算を行います。

 

仕入れの時には必ずこのシミュレーターを使って、

売るまでにどのくらいの費用がかかり、どれくらいの利益が残るのかを確認します。

まず計算の前に、下の式をしっかりと覚えて下さい。

 

利益 = 販売代金 − コスト

 

上の式が、仕入れ時の利益を考える時の式です。

要するに、Amazonの販売代金から、色々なコストが差し引かれるのですが、

最終的に残ったものが自分の利益となります。

 

この時のコストとして考えられるのは下記のようなものがあります。

 

国内転売のコスト一覧

・商品の仕入れ代金・・・ヤフオクで仕入れた商品の値段です。税金も忘れずに含めましょう。

・送料・・・ヤフオクの送料の欄を見て計算しましょう。

・FBAまでの送料・・・平均500円ほどになるでしょう。まとめて送ると安くなります。

・Amazonの各種手数料・・・販売価格の20パーセントほどが平均です。シミュレーターが計算してくれます。

 

これが一通りのコストです。

 

その他にも梱包資材のお金や、

プラットフォームの月額費用もコストとして考えられるのですが、

これらは1商品あたりに換算すると微々たるコストになります。

 

なので、月の最後にまとめて固定費として計算して

翌月以降に平均を引くようにするといいでしょう。

 

実際のFBAシミュレーターの使い方は下の動画で解説していますので、ご覧ください。

いかがでしたでしょうか?

上記の2つのツールを使う事で自分が仕入れようとしている商品が、

 

Amazonで月にどれくらい売れているのか?いくらで売れているのか?

 

これを予想する事ができるのです。

具体的な仕入れ基準

この時仕入れの基準にしてほしい感覚があるのですが、

最初は月に10商品以上、安定して売れているものを扱うことをオススメします。

 

慣れてきたらもう少し売れていない商品を狙ってもいいですが、

それも利益が10万円以上出てき手からにすると良いでしょう。

 

また仕入れ時の注意点としては

・動作不良の商品=ジャンク品は、最初は仕入れない。→修理のノウハウが必要。

・型番の間違いに注意する。→色違い、並行輸入品、互換品などに特に注意。

・自分で出品できるかどうか確認する。→モノレートから出品規制をクリック

・予想した販売価格で売れているか。→商品が売れていない時の値段を見ていないか確認。

 

以上がよくある仕入れミスなので、仕入れ前に確認する癖を付けましょう。

慣れてくると無意識で確認ができるようになります。

まとめ

モノレートの使い方が確認できたら次はヤフオクのリサーチ方法です。

次からは動画がメインになるので、それぞれの動画を何度も確認してみて下さい。

ページの先頭へ