ここでは仕事を効率的に進めるのに便利なアプリ

Google Chromeの拡張機能であるアドオンについて紹介をしていきます。

普段の作業を効率的にしてくれるものを紹介していますので

まずは1度パソコンにインストールして使ってみて下さい。

おすすめアプリ

Google Chrome

→リンクはこちら

インターネットを見るためのブラウザです。

ブラウザとはインターネットを見るためのアプリです。

パソコンに入っているソフトのことをアプリと言います。

読み方はグーグルクロームと読みます。

これがパソコンに表示されるアイコンです。

InternetExplorerやFirefox、Safariといった
ブラウザを使っていらっしゃる方も多いと思いますが、

 

転売ビジネスではGoogleChromeをメインに使っていくことをオススメします。

 

理由はGoogle社の便利なサービスとの互換性が高いことや、

転売に役立つアドオンが多いことが理由です。

(※アドオンについては後ほど説明します。)

 

またブラウザの設定をしておくことで作業効率はグンと上がります。

特にこれからよく閲覧するサイトは、必ずブラウザのお気に入りに登録して下さい。

お気に入りの登録方法が分からなければ、こちらのページを参考にして下さい。

Skype

→リンクはこちら

スカイプは世界中どこへでも無料で通話ができるインターネット電話サービスです。

 

自分の画面を相手に見せながら通話ができたり、

グループで会話することもできるのでとても便利です。

 

今後何かと使用することになるので、登録をしておいて下さい。

スマートフォンにもアプリを入れておきましょう。

 

アカウントの作り方はこちらのページを参考にしてみて下さい。

Team Viewer

→リンクはこちら

パソコン遠隔操作をするためのアプリです。

外出先からスマホやタブレット、または別のPCで

自宅のパソコンの操作をすることができます。

とても便利なのでぜひ活用して下さい。

chatwork

チャットワークはビジネスで使われることが多いチャットアプリです。

名前は本名で登録し写真を設定しておきましょう。

 

誰かと共同で仕事を進める場合は、

メールよりもチャットの方が圧倒的にスピードが出ます。

 

ぜひチャットを活用して仕事のスピードを向上させましょう。

スマホとPC両方に入れておくことをオススメします。

アドオン・フリーソフト

ここからはオススメのアドオンなどについて紹介をしていきます。

アドオンというのはブラウザの拡張機能のことです。

 

このアドオンを使うと、ブラウザに便利な機能を追加することができるので、

リサーチ作業などの効率を大幅に上げることができるのです。

 

ショッピングリサーチャー

→リンクはこちら

これはリサーチの効率を大きく上げてくれるアドオンです。

Amazonから直接モノレートという分析サイトに行けたり

仕入れ価格の分析がスムーズにできるようになります。

 

後のリサーチ作業で活用するのでインストールをしておいて下さい。

Clibor

→登録リンクはこちらから

「Clibor」の画像検索結果

これはWindowsユーザーの向けのフリーソフトです。

よく使う定型文はこのソフトに登録しておくと便利です。

 

価格交渉の文章やコンディションの確認など、

頻繁に使う文章はこれに登録してすぐに使えるようにしましょう。

使い方はこちらを参考にして下さい。

Snipping Tool

Windowsに標準で搭載されているキャプチャソフトです。

自分のパソコンの画面を、画像にして保存することができます。

使い方はマイクロソフト公式の説明ページをお読み下さい。

 

モノゾン

→リンクはこちら

こちらもリサーチを効率化するためのアドオンです。

モノレートという分析サイトで、商品の売り上げ個数が一目で分かるようになります。

 

モノレートは3章のリサーチ編で紹介されますが、

今は先にインストールをしておいて下さい。

keepa

→リンクはこちら

こちらはAmazonの在庫履歴を判断する時に使うアドオンです。

色々な使い方に応用できるのでまずはインストールしておきましょう。

X-Dealer

→アドオン登録リンクはこちら

Amazonにライバルセラーの在庫数が表示されるようになるツールです。

価格競争が起きた時に、どれくらい待てば相手の在庫がなくなるかを知りたい。

そんな時に活躍してくれます。

まとめ

以上オススメのアプリとアドオンでした。

少し量が多いかもしれませんが、使いながら慣れていきましょう。

次は転売に必要な、ヤフオク!とAmazonの出品アカウントの作成を解説します。