ここでは早速、転売ビジネスの

基礎知識について解説をしていきます。


転売ビジネスとは一体どのような仕組みで、

どのように利益が生まれるのでしょうか?

 

この転売は別名「せどり」とも言われています。

 

せどりの語源は「背取り」といって、

本棚から背表紙を選んで取る行為から来ているという説があります。

 

つまり本の再販売で儲ける方法が、近代の転売の流行のはじまりでした。

 

これは昔流行ったノウハウなのですが、

「BOOK-OFF」のような古本屋さんで販売している本の価格と、

 

ヤフオクやAmazonというネットショップで販売されている、

同じ本の値段を地道に見比べてみます。

 

すると、価格差がある本があるのです。

 

この価格差がある本を、

そのままヤフオクやAmazonで売れば、

差額が利益として自分の手元に残ります。

 

このように一方のお店で商品を安く買って、

別の高く売れているマーケットで商品を売る。

 

この時の、仕入れ額と販売額の差が自分の利益になる

というのが転売というビジネスモデルです。

儲かる商品はどこにでもある

先ほど紹介した、古本の仕入れは古い手法なのですが、

実は、探せば今でも利益の出る商品は見つかります。

 

古本屋だけでなく、家電量販店やリサイクルショップなどの

実店舗と言われる普通のお店でも、そういった利益の出る商品は見つかります。

 

インターネット全盛のこの時代でも、

そんな利益の出る商品が見つかるのか?

と疑問に思う方も多いと思います。

 

しかし、現実にリサーチをすれば分かることなのですが、

儲かる商品というのはたくさん存在しているのです。

 

儲かるということは、つまり同じ商品でも、

買う場所によって価格の差があるということです。

 

この原因については、カリキュラムでは深入りしませんが、

少し例を考えてみると色々な理由が見つかります。

 

・販売するお店の資金事情・・・(在庫処分したい。現金がないと銀行のお金を返せない。)

・購入するお客の心理・・・(ずっと欲しかった。今すぐ欲しい。偶然いい商品を見つけた。)

・販売側と購入側の知識差・・・(ヤフオクなんて見ない。家にあったから適当に売ろう。)

 

もっと他にも理由はあるかもしれませんが、

あらゆるマーケットとマーケットの間には、

現実に商品価格の差が発生しているのです。

 

これは、実店舗に限った話ではなく

ヤフオクAmazonといった、インターネット上で商品を購入できる

EC(イーコマース)サイトでも価格差は発生しています。

 

ですので、スマホとネットが普及した現代の転売手法は、

こういったECサイト同士の価格差を発見し、

ネットで儲かる商品を見つける手法がメインとなっています。

 

昔は全国の実店舗を、

大きなバンやトラックを借りて回る方法が主流でした。

 

仕入れた商品を、各地の配送センターから発送する

肉体労働系の転売手法がメインだったのです。

 

しかし今では、ネットで完結する転売手法が発展し、

自宅にいながら儲かる商品を見つけることができるのです。

転売ビジネスのしくみと種類

転売の仕組みの基本は本当にシンプルです。

できるだけ安く買って、できるだけ高く売る。

これだけが基本の原則であり、ルールです。

 

とてもシンプルな仕組みになっていますが

これができればどんな商品でも転売は成立します。

 

現在ではインターネットを活用することで、

自宅で利益の出る商品を見つけることができます。

 

そこで転売のプロはインターネット上のネットショップの価格差を

どのように見つけて、どこから仕入れて、どこで売るのか?ということを考えます。

 

要するに、仕入れ先と販路の組み合わせによって、様々な転売のパターンがあるのです。

そのパターンは大きく分けて3つに分けられます。

 

①国内転売 = 国内ショップで仕入れ × 国内ショップで販売

②輸入転売 = 海外ショップで仕入れ × 国内ショップで販売

③輸出転売 = 国内ショップで仕入れ × 海外ショップで販売

 

上記の3パターンです。

 

そして転売のパターンを考えるときにもう一つ大切なのが

在庫を持つか、持たないかという考えがあります。

一般的な特徴は下記の通りです。

 

◆在庫を持って販売する  →  有在庫ビジネス

・売れていると分かっている商品を扱うので、結果が出るのが早い。

・在庫が売れないと資金難になる。

・規約違反になることはなく、飽和しにくい。

 

◆在庫を持たずに販売する  →  無在庫ビジネス

・売れてから仕入れるので資金繰りがいい

・在庫を抱えないので沢山の商品を取り扱える

・規約で禁止されたり、飽和しやすい。

 

それぞれの転売ビジネスに特徴があるのですが、

1番ビジネス初心者が実践して、結果が早く確実に出やすい方法が、

国内で仕入れて在庫を持って販売する、国内有在庫転売と言われています。

 

教材でお伝えする内容も、

この国内有在庫転売の手法に分類されます。

 

ですのでここからは、

この国内転売について詳しい特徴を見ていきましょう。

国内転売とは?

国内転売とは名前の通り、商品の仕入れから販売までを、

国内で完結させる転売の手法です。

 

「せどり」という言葉がありますが、

ほとんど国内転売と同じ意味で使われています。

 

国内転売は仕入れ先によって、

店舗仕入れネット仕入れの2つに分けられます。

 

このカリキュラムで学ぶのはネット仕入れの方法ですが、

店舗仕入れについても簡単に説明をしておきます。

 

【店舗仕入れ】

実際の店舗に出向いて、

商品をその場でリサーチし仕入れる方法です。

 

主な仕入れ先としては

ヤマダ電機、ケーズデンキ、ジョーシンなどの家電量販店

セカンドストリート、ハードオフなどのリサイクルショップ、

ドンキホーテやコストコなどの業務スーパーといったところがメジャーです。

 

メリット

・仕入れる商品を実際に目視できる

商品の状態を実際に手に取って判断できたり

中古品の場合は動作の確認ができるので、仕入れに安心感があります。

 

・すぐに商品を販売できる

商品を仕入れたその日に納品の準備ができます。

クレジットカードで支払いをしている場合、

支払い日までに商品を販売できる期間を長くとれるので

資金繰りが少し楽になります。

 

・何度も同じ店から仕入れられる

利益が出る商品がある店を見つけられれば、

また利益の出る商品を見つけられることも多いです。

 

デメリット

・車両費や交通費がかかる

小さい商品を1,2個程度であれば問題ないかもしれませんが

大きな家電品などを仕入れる場合は車が必要になります。

 

車をお持ちでない場合は、

レンタカーやカーシェアを使って仕入れをすることになるので

この固定費が仕入れコストとなってしまいます。

 

・疲労がたまるので続けることが難しい

店舗仕入れで利益を50万円、100万円と稼ぐ人は

ほとんど1日中何十店舗もの店を回ります。

 

始めた月はモチベーションが高いので

気合いが入って何十店舗も回れるかもしれません。

 

しかし半年、1年と続けていくと、

必ず疲労がたまってきて仕入れに行くことが億劫になってきます。

 

そうなると仕入れがストップしてしまい、

利益もどんどん下がってしまう方が多いです。

【ネット仕入れ】

上記の店舗仕入れに対して僕が強くオススメするのが

自宅でパソコンとネットさえあればできるネット仕入れです。

(※電脳仕入れとも言われる事もあります。)

 

国内のネットショップを検索して

利益が出る商品をリサーチする方法です。

 

仕入れた商品は自宅などに発送してもらえるので、

商品を買い付けに行く必要がありません。

 

またネットショップは24時間いつでもリサーチできるのも大きな特徴です。

 

主な仕入れ先としては

・ヤフーオークションなどのオークションサイト

・楽天、Yahooショッピング、Amazonなどのネットショップサイト

・メルカリ、フリル、モバオクなどのフリマサイト

上記のような仕入れ先がメインになります。

 

メリット

・疲労が少ない

足を運んで仕入れをすることなく

椅子に座りながらリサーチをすることができるので、

女性や体力に自信のない方でも取り組めます。

 

・時間と場所に縛られない

インターネットさえつながれば

PCだけでいつでもどこでも仕入れをすることができます。

 

自分の生活スタイルに合わせて

リサーチや仕入れをすることができるので

副業の方や空いた時間を活用したいという方にはとてもおすすめです。

 

・リサーチできる商品が多い

インターネットを活用することで

実際に目の前にある商品だけでなく全国にある商品を

移動することなく見渡すことができますし、

 

業者のみが購入できる業者向け商品も

ネットでは購入できますので

仕入れることができる商品のジャンルの多さや

商品の幅はものすごく広いです

 

・利益率が比較的高い

これは近年スマホの普及によって

お手軽にネット物販を利用するライトユーザーが増加している事が原因です。

 

そのため商品の相場を読めていない方が多く

販売価格との差額が生じやすいのです。

 

そのなかでも中古品は特に商品の価値を見定めることが難しいので

仕入れの際には特に狙い目となります。

 

デメリット

・商品の状態が不透明

インターネットで仕入れをするので

実店舗ほど正確に商品状態を把握することができません。

 

リサーチを始めたての頃は特に、

商品状態の記載を見逃してしまって、

 

届いたら思っていたものと違う・・・。

というミスをしてしまうことがあります。

 

この場合は返品対応をしてもらう事ができるのですが、

しっかり気になる点は事前に質問し、注意深く購入する必要があります。

 

・販売まで少し時間がかかる

出品者が忙しくてなかなか発送してくれないことがあります。

その場合、商品を販売するまで1週間前後遅れてしまうことも稀ですがあります。

 

そうなってしまった商品は、

少し普通よりも早いペースで値下げをして対応しましょう。

国内転売の大まかな流れ

それでは国内転売ビジネスの大まかな流れを説明します。

この流れを習慣になるまで何度も繰り返すことがとても大切です。

流れ自体はシンプルで下記のようになります。

 

◆商品をヤフオクで安く仕入れる。

◆商品をAmazonに納品する。

◆自動でAmazonが商品を販売してくれる。

 

大きく分けると、これだけです。

あなたが覚えるべき作業は、たったこの3つの作業だけです。

 

こう見ると、とても簡単な気がしてきませんか?

実際やってみると、難しい箇所はほとんどありません。

 

あるとすれば商品を仕入れるためのリサーチくらいです。

ですので一刻も早く、リサーチの作業を少しでも長くできるように

カリキュラムを読み進めていってみてください。

まとめ

国内転売の概要について

おおよその流れは掴めたでしょうか?

 

あとはカリキュラムを読み進めて、

実際の知識や考え方を学び、行動していくだけです。

 

1章で転売ビジネスの基礎知識と

ビジネスを始める前にしておくべき準備について解説しています。

 

2章ではヤフオクに慣れるために、

家などの不用品をヤフオクで売る方法について解説しています。

なかなか売れない商品の在庫処分をする時もメインはヤフオクで再販するので、

その時は改めて読み返してみてください。

 

3章では転売のメイン作業となるサーチについて解説をしています。

ここが一番ボリュームもあり重要な部分なので、

この章の内容は何度も読み返して実践してください。

 

そして、何か商品を仕入れることができたら、

4章のAmazon販売編を読んで、商品を販売してみましょう。

 

余裕がある方は5章の発展編も実践していただければ

利益をさらに大きくすることができます。

 

カリキュラムはこのような構成になっているので

ぜひ何度も読み返して、転売で利益を出す習慣を身につけて下さい。