ここでは新しくビジネスを始める時の、

資金関係の準備について解説をしていきます。

当然ですが、新しくビジネスを始める時には、

新しいお金の流れが発生するという事になります。

 

このお金の流れをしっかり把握して、

自分自身でコントロールして行くことがとても重要です。

 

まずはビジネスを始めるうえで最低限持っていてほしいのは

銀行口座・クレジットカードの準備です。

 

これらを正しい知識を持って活用することで、

たとえ貯金が0の状態でも、収入を短期間で大きく伸ばすことができます。

 

まずはこのカリキュラムをしっかり読み込んだ上で、

早速、自分の銀行口座とクレジットカードを作成してみて下さい。

銀行口座・クレジットカードの準備

まず物販ビジネスを始める前に、

必ず物販ビジネス用の銀行口座を作っておきましょう。

 

理由は、物販に関わるお金の流れを楽に把握することができたり

税金の申告が必要なくらい稼げるようになった時に、

経費などの計算がもの凄く楽になるからです。

 

クレジットカードの支払いも、完全に私用とビジネスで区別するようにします。

 

普段の食事や買い物は私用のカードを使い、

ビジネスの備品や、教材の費用、Amazonからの振込み金など


ビジネスに関わる経費は全て、ビジネス用のカードを使い

ビジネス用の口座から引き落としされるようにしておきましょう。

 

この線引きは最初は分からないと思いますので、

ひとまずは自分の感覚で判断すれば大丈夫です。

しかしこういう癖をつけておくことがとても大事という事です。

 

こうすることで銀行口座の手帳を見ただけで、

どれだけ物販で収入が発生し、どれくらいの支出があったのか把握できます。

銀行口座の選択

新しくビジネス用の口座を作るとなっても、

数多くの銀行があり悩むかも知れません。

 

細かく見ていくと、それぞれの銀行ににメリット・デメリットがありますが、

悩むのであれば全国的に有名なメガバンク系がオススメです。

メガバンク系の口座はビジネスマンであれば1つは持っている場合が多いので、

ビジネス用の口座を持っていない場合は、まずはメガバンクの口座を作っておくといいでしょう。

 

以下に候補となる銀行をいくつかピックアップするので参考にして下さい。

メガバンク系・・・ネームバリューと信頼がある。ATMの設置数も多くどこでも使える。

・三菱東京UFJ銀行

・三井住友銀行

・みずほ銀行

 

ネットバンク系・・・ATMの引き落とし手数料などが無料のものが多い。

・住信SBIネット銀行

・ジャパネット銀行

・セブン銀行

・楽天銀行

 

地方銀行・都市銀行系・・・メガバンクに比べて融資を受けやすいが高金利。

・各地方・都市の銀行

 

ゆうちょ銀行・・・ゆうちょ銀行同士の手数料が無料。地方でもATMが多い。

 

事前に銀行の特徴を下調べしておき、

自分に一番合った口座を選ぶようにすると良いでしょう。

仕入れ用のクレジットカードの準備

次に転売で使用するクレジットカードについて解説をしていきます。

転売ビジネスの仕入れは、クレジットカードがメインになります。

 

(※事情によってクレジットカードが作れない方は、

このカリキュラムは飛ばして次のデビットカードについてを参考にして下さい。)

 

仕入れ用の現金があまり無いという方でも

クレジットカードの枠を使って仕入れをすることによって、

大きくお金を稼ぐことが可能になるのです。

 

しかしクレジットカードを使う前には、

必ずクレジットカードに関する知識を勉強しておき、

仕入れを計画的に行うことが大切です。

 

その知識を今から順番に紹介していきます。

クレジットカードとは

まずクレジットカードを日本語に直訳すると「信用カード」になります。

現金を持っていなくても、現金の代わりに決済に使えるカードです。

カードの利用代金は1ヶ月分、後から登録した銀行口座に請求がきます。

要するに使用する時に現金が無くても、

信用でお金を借りることができるカードと考えると分かりやすいでしょう。

 

クレジットカード枠

 

しかしクレジットカードを利用できる金額には限度があります。

これは「カード枠」や「利用限度枠」と言われています。

 

この枠の大きさはカードを借りる人の信用によって変わります。

平均すると最初は30万円程度のカード枠から始まりますが、

持ち主の年収やカード会社の基準によって、この枠の大きさは変わります。

 

またたくさんクレジットカードを使い、

遅れなくカードの支払いをしていくことにより、

だんだんとカード会社も信用してくれて、カード枠を大きくしてくれます。

締め日・支払い日

クレジットカードには、締め日と支払い日というものがあります。

カードの利用代金は1ヶ月区切りでまとめて請求されますが、その請求の区切りとなる日が締め日であり、

1ヶ月分の利用代金が、銀行口座から引き落とされる日が支払い日と言われています。

例えば楽天カードの場合、月末締め翌月27日引き落としのカードなので、

この場合、月初の1日から末日までの使用分が、翌月27日に請求されるということになります。

 

転売でのクレジットカードの使い方

以上がクレジットカードの基本的な説明ですが、

これを転売でどのように使っていくのでしょうか?

 

ここはとても大事なポイントなので、何度も読み返してしっかりと理解をして下さい。

 

転売で手元に資金がない場合には、

クレジットカードで買った商品を、支払い日までの間に販売して

売れたお金でクレジットカードの支払いをすることになります。

 

こうすることで手元に現金が一円も無くてもお金が増えることになるのです。


どういうことか例で説明してみます。

 

まず楽天カードで、ヤフオクで1000円のゲームを買ったとします。

買った日を4月1日とすると、楽天カードの請求は翌月の5月27日にきます。

それまでの間に、自宅に届いたゲームをAmazonで販売し、1500円で売ることができました。

Amazonからお金が振り込まれるのは、売れてから10日後の5月1日でした。

なのでこの場合は、手元に現金が1円も無くても、カード枠だけで500円の利益を得ることができたことになります。

 

このように、カードの請求が来るまでの間に商品を売って現金化していくことで

自分の収入をどんどん増やすことができるのです。

 

注意するべきこと

このサイクルを回していく上で、注意しないといけないポイントがあります。

それは、商品が売れるまでの期間をできるだけ長くした方がいい、ということです。

例えば締め日ギリギリの日に買った商品は、約1ヶ月の間に現金化できなければ

手持ちの現金で商品代金を支払う必要が出てきます。

お金に余裕がある人は、もちろんそれでも構いませんが、

できるだけカードの支払日までのあいだに仕入れた商品が現金になってくれると

心に余裕を持って転売をすることもできると思います。

 

なのでここで知っておいて欲しい概念が

前半カードと後半カードを使い分けるというものです。

前半カードと後半カード

カードの利用日からできるだけ支払いまでの期間を長くするためには、

締め日が過ぎた直後のカードから使っていくことが大切です。

 

そしてクレジットカードの締め日を大きく分けると

月末と15日締めの2種類になります。

 

月末に締め日があるカードは前半カードです。

月の前半である、1日から使用すると、支払いまでの期間が最も長くなります。

 

15日締めのカードは後半カードです。

月の後半である、16日から使用すると支払いまでの期間が最も長くなります。

 

先ほど説明した楽天カードはカードの締め日は月末なので前半カードに分類されます。

後半カードにはJCBカードなどがあります。

この他にも特殊な締め日のカードもありますが、

大切なのは締め日が過ぎた直後のカードを使うと、支払いまでの期間が長くなるということです。

物販をする場合は、前半カードと後半カードは最低でも1枚ずつは持つようにするといいでしょう。

よくある勘違い

またカード枠に関するよくある勘違いも説明しておきます。

それは、カード枠は1ヶ月に使える合計金額だというものです。

これは間違った理解です。

全ての期間内で利用した金額は合算されています。

そして使った金額の支払いを終えた時に、再びカードの枠に空きができます。

 

例)楽天カード 枠が200万円の場合

 

例えば、1月に100万円使用した場合に

翌月の2月に使用できる枠はいくらになるでしょうか?

 

一度考えて見て下さい。

 

 

正解は100万円です。200万円ではありません。

 

総枠の200万円から、1月に使った100万を引いた金額分、

つまり残りの100万円を使用できることになります。

 

そしてここが重要なのですが、この枠が復活するのは

2月27日に1月使用分の100万円の支払いをした後になります。

なので枠が回復するまでには、1ヶ月の時間差があるのです。

 

とても重要なポイントですが、月の仕入れ目標が200万円の場合は、

うまく資金を回すには、最低でもカードの枠が2倍の400万円分必要となります。

 

なぜ2倍必要なのでしょうか?

 

もう一度資金が復活するまでの時間差を考えてみましょう。

 

楽天カードを例にして考えると、

カードの締め日は月末締め、翌月27日支払いです。

1日から末日までの使用分が翌月27日に請求されるということですね。

 

この翌月の支払いが終わるまでは、カードの枠は復活しません。

 

つまり1月の末日に200万円の枠を使い切ってしまっていると、

2月27日の支払いを終えるまでの27日間の間、枠は回復しないのです。

 

枠を使い切っていると約1ヶ月間は支払いまで猶予期間があるので、この期間は仕入れができなくなります。

 

ですので1ヶ月でコンスタントに200万円の仕入れをしていく場合には

最低でも、もう1ヶ月分加えて、合計400万円のクレジット枠がないといけないのです。

(※実際はもう少し余裕を持っておく方がいいです。)

 

なのでまとめると、物販を健全にしていく場合には、

・前半カードと後半カードをバランスよく持つこと

・仕入れ目標の2倍のカード枠を持つこと

これらが重要になってくるのです。

 

クレジットカードの作成

次にお勧めのクレジットカードを紹介していくので

参考にして実際に申し込みし作成をしていきましょう。

 

ここで注意点ですが、カードの作成は月に3枚までとして下さい。

その時に必ずカードブランドを分けて申し込みをして下さい。

ブランドはVISA、MASTER 、JCBのカードをそれぞれ月に1枚ずつ申し込むことを推奨します。

 

また、作成するカード会社も別々に分けて下さい。

例えば同じJALの関連カードで、JCB、VISA、Masterカードを、

同じ月に作成することはやめましょう。

 

後のカリキュラムで紹介する自己アフィリエイトでカードを申請するのもオススメです。

 

オススメカード一覧

・AC(アコム)カード

・AEONカード

・EPOS(マルイ)カード

・楽天カード

・Yahoo!カード

・Lifeカード

・三井住友VISAカード

・JCBカード

・オリコカード

・JALカード

・ANAカード

 

クレジットカードの作成・増枠は時間がかかるものですので、

常に増やす意識をして、日々の作業と平行して行ってください。

 

またどうしても自分では審査が通らない場合は

兄弟、両親の理解を得てカードの作成を手伝ってもらうの もひとつの手段です。

 

審査に通りやすくなる裏技集

クレジットカードの審査がなかなか通らないという方は、

以下のポイントを押さえて申し込みをしてみましょう。

 

・申込方法

審査の通りやすさはおおむね下記の通りです。

紹介>直接店頭などで申し込み>インターネットで申し込み(自己アフィリエイト)

 

自己アフィリエイトで審査が通らなかった場合は、

方法を変えて直接店頭などから申し込みをしてみましょう。

 

・申込書をきれいに書く

直接店頭で申し込みをする場合には紙の用紙で申し込むことになります。

その場合は、活字体でくっきりと丁寧に書きましょう

記入した用紙もスキャニングされ、全てデータとして残ります。

 

審査処理にも人間の目が入ります。

書き方が汚いとそれだけで印象が悪くなります。

 

また筆記体の様に、崩して書いていたりすると

読めないという実害で落とされるケースがあります。

 

ですのでいくら達筆でも崩さずきちっと記入して下さい。

 

・キャッシング

意外とここを知らない方が多くいらっしゃいます。

申込時にはキャッシング付けるか否かを選択できます。

 

もちろんこれが無いカードもありますが、

ある場合には付ける選択すると審査が厳しくなります。

 

ですのでキャッシングは付けない、

若しくは最小金額に設定します。

ここはかなり大きく影響してきます。

 

・年収

年収を多めに書いも、基本収入証明を出すことはないので分かりません。

ですのでいい印象を与えるために多めの年収を記載することをオススメしています。

 

さらにここには先のキャッシングも影響してきます。

キャッシングありにしていると、

収入証明を出さなければならないケースがほとんどです。

そうなると多めの年収を申告してもバレます。

 

ですのでなかなかカードが通らないとお困りの方は、

キャッシングは無しにしたうえで多めの年収を記載してみましょう

 

会社員の方は思い切って400~600万円ぐらいと記入してみてください。

 

・居住年数

今現在の住居にどれだけの期間住んでいるかを記入します。

これは2年未満なら2年にしてしまいましょう。

それ以上の場合は、1年増やしてください。

 

・勤続年数

こちらも長めに書いてください、 1年未満の場合は最低ラインを1年。

それ以上の場合は1年ほど増やしてください。

 

・オプション付加

カードには保険をはじめとする様々な オプションサービスが有ります。

数百円~数千円ですが、もちろんお金がかかります。

 

普通であれば、迷わず「付けない」事を選ぶでしょう。

ですが、敢えて付けることで「カードを使ってくれそうな人」 に見せることが出来ます。

 

もちろん不要であれば、カードが通った後にオプションだけ解約しても大丈夫です。

注意

※これらの情報はあくまで参考程度にお考え下さい。

カード会社や種類によって、もちろん審査基準は変わります。

まとめ

クレジットカードと銀行の取引履歴は、

そのまま信用になり武器になります。

 

物販ビジネスをしていくとクレジットの使用履歴がつき

他のビジネスをするときにも約立つでしょう。

ぜひ大切に活用していって下さい。

 

次は物販に使う資材関係の準備に移りましょう。